世界への挑戦:パレスチナのおふくろの味


堺あゆみ Ayumi Sakai (edit JAPAN:エディット・ジャパン株式会社代表)

クール×フェアトレード×パレスチナおふくろの味。

新しい支援スタイルを生み出した「フリーカ」。

 

アラブ諸国の古代穀物「Freekeh フリーカ(アラブ読みでは「フリーケ」)」が今、注目のスーパーフードとして日本で話題になっているのをご存知だろうか。一昨年ごろからNYをはじめとする欧米のヘルスコンシャスな人々の間で火がつき、日本では今年本格的なブームに。女性誌やテレビなど、メディアも“NEXT キヌア”として注目し、トレンドになっている。

 

フリーカとは、麦がまだ若芽の状態(青麦)で刈り取ってローストしたもので、パレスチナをはじめとする東地中海沿岸のアラブ諸国で古代から食されてきた穀物。現地では主食のひとつで、ごはんのように炊いてお肉の付け合わせにしたり、煮込んでスープにしたり。家庭で日常的に食卓に出てくる、いわば“おふくろの味”だ。ローストしてあるので、香ばしい味わいとプチプチとした独特の食感が特徴。そのおいしさもさることながら、食物繊維やたんぱく質が豊富など、栄養価の高さも人気の秘密だ。

 

このフリーカを日本で仕掛け、広めたのが、エディット・ジャパン代表の堺あゆみ氏。堺氏は、2015年春、パレスチナで駐在中の友人にすすめられてフリーカに出会い、そのおいしさの虜となった。「最初食べたとき『何コレ!?おいしい!』と思わず叫んでしまいました。あの感動と衝撃は今でも忘れられません」。

日本人の舌に合うおいしさで身体にいい、欧米では注目されているけれども日本にはまだない。そして日本はスーパーフードブームである……もともと編集者であった堺氏は食べた直後に『これはいける!』とピンときたという。そして、数あるフリーカの中から選んで輸入を決めたのは、友人に紹介してもらった「カナーン フェアトレード社」の有機フリーカ。フェアトレードカンパニーから買って輸入することで、パレスチナの農家の経済的自立支援につながるというものだ。

「『おいしいから、おしゃれでクールだから買って食べていたら身体によかった、社会貢献につながっていた―――』。そんな自然な流れがつくりたかった。あえて支援を前面に出さず、結果的に支援につなげる。商品力があってプロモーションがうまくいけば、その流れが作れると常々思っていたんです」。

そのためにブランディング、プロモーションの時期、内容にはとことんこだわったという。ファッショナブルでヘルスコンシャスな人々がもっとも集まるといわれる伊勢丹新宿店ビューティアポセカリーを中心に販売、クールなトレンドであることを印象づけるために、女性誌やセレブリティへ積極的にプロモーション、おしゃれなヴィジュアルにこだわった販促物やSNS……様々な施策・投資で、カナーンフェアトレード社のフリーカを、No.1ファッション誌「VOGUE」が取り上げるほどのブランドに育て上げた。

おしゃれなトレンドとして発信し、ビジネスとして成り立たせることで、自立性・継続性が高まる新しい支援のかたち。「『パレスチナって、紛争・灰色のイメージだったけど、こんなにおいしくてオシャレで豊かなものがあるんですね。イメージが変わりました。ニュースの見方が変わりました』。現地が厳しい情勢であることには変わりはないけど、最近お客様によく言ってもらうポジティブな言葉がうれしくて仕方がない。編集者としてバイヤーとして、これからもワクワクして心にも身体にも気持ちのよいものを見つけ出して発信していきたいです」。

今後の堺氏にますます注目が集まっている。

エディット・ジャパンHP www.editjapan.jp

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-26-20-42-55

 

トレンドと注目を集めるフリーカは、麦がまだ青い若芽の時期に刈り取ってバーナーで焼き、天日干ししたもの。食物繊維が玄米の4倍、高たんぱくで低GIと、まさにスーパーな食材。有機フリーカ 1箱250g ¥2,150(税別)

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-26-20-41-14

 

基本は鍋かフライパンにフリーカを入れ、倍量の水と塩少々で炊いてご飯代わりに。炊飯器でも炊ける。10分で炊けるので時短料理にピッタリ。最近ではフリーカのように「美容効果の期待できる炭水化物」を積極的に摂っているビューティストが増えているそう。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-26-20-41-38

 

 

フリーカを使ったグラノーラも商品開発。2016年7月に伊勢丹で発売するや否や、「おいしくて手軽でおしゃれでいい!」と、完売続出の大人気商品に。1袋270g/1800円(税別)

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-26-20-42-23

 

SNSや販促物でも自らスタイリング・写真撮影したクールな画像を発信。堺氏の編集者ならではの視点がいきている。

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-25-21-10-56

堺あゆみ Ayumi Sakai

edit JAPAN(エディット・ジャパン)株式会社代表。
世の中にある「!」(ワクワク・ドキドキ=something new,exciting)や「♡」(気持ちいい・心地よい=ethical, fair trade,organicのモノ・コトを発見して編集(edit)し共有(share)することで、私もみんなも、そして世界もHappyになる。そんな想いをコンセプトに、国内外で発掘した商品や記事を編集して届けるedit JAPANを2015年に立ち上げ。雑誌や書籍、Webコンテンツの編集委託のほか、輸入・輸出商品(雑貨、食品、コスメ)の卸、商品開発、プロデュース、PR、コンサルティングなどを行っている。小学3年生と2歳、2人の女の子を育てる働く母でもある。
HP:http://editjapan.jp
instagram:https://www.instagram.com/editjapan/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



*