Dr.Gerald Curtis による「日本の衆議院議員選挙」分析


12月14日、日本において衆議院選挙が実施され、自民党が圧勝した。この選挙結果について、12年15日、日本外国特派員協会において日本に精通するコロンビア大学のジェラルド・カーティス教授(Dr.Gerald Curtis)が記者会見にて、「今回の日本の衆議院選挙の投票率は52%である(戦後最低投票率)」と指摘をした上で、1945年(昭和30年)につくられた自民党与党第一党の『55年体制』に匹敵する「2014年体制」ができた、と言及をし、今後の安倍政権の動向に対する関心の高さもうかがえた。

スクリーンショット 2014-12-26 0.23.09

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



*